蹲(つくばい)コラム   【つくばいこらむ】
 つくばい って何?

  つくばい



 「つくばい(蹲)
」とは ・・・  いろいろな説明です。

    つくばい【蹲い・蹲踞】 (広辞苑)

    つくばうこと うずくまること
    茶庭の手水鉢(チヨウズバチ)
    石の手水鉢を低く据えてあって、手を洗うのに茶客がつくばうからいう


    〔動詞「つくばう」の連用形から〕茶庭などに
    据える手水(ちようず)鉢。
    つくばって使うように鉢を低く構え、
    左右に湯桶(ゆおけ)・灯火を置く湯桶石・手燭(てしよく)石を配し、
    使い手の乗る前石を据えるのが定式。
    茶室では心身の塵を払うものとして重視する。
    据え方により立ち使いの形式もある。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    つくばい(蹲)とは、もともと茶道の習わしによりお客様が這いつくばるように
    身を低くして手をきよめたことが始まりです。
    しかし、現在では、演出として用いられることも多くなりました。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    “蹲(つくばい)”とは、茶室の入口などに設けてある低い手水鉢のこと。

     塵ひとつ落ちていないような美しい庭園に
     差し込む冴えた月の光。よどみの無いりんとした空気。
     一抹の物寂しさ、侘び寂びの世界。
     まぎれもない日本の風景がそこにあります。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    つくばい(蹲)とは、
     手水鉢を中心に意味のある石で囲まれた全体のことをそう呼びます。
     つくばって(しゃがんで)手や口を清めることからその名(つくばい)がつきました。
     神社などでは立って使う、その名も「立使い」形式が多いです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   
     手水(ちょうず)
       手水とは手を洗い、口を清めること。
       神社等の参拝前に手を清める時の、あの作法です。
       手水鉢に水が溜めてあります。
        溜まっている水をすくう  
        柄杓は直接口につけない

 つくばいの種類


 つくばい(蹲)の種類
 
  つくばい(蹲)の風合い
      陶器タイプ     ・・・・・・・・ 和風つくばい(蹲)
      モダンタイプ    ・・・・・・・・ 洋風インテリアつくばい(蹲)
      ガーデニングタイプ ・・・・・・   緑との組み合わせのつくばい(蹲)
      ユニークタイプ   ・・・・・    おもちゃ的なつくばい(蹲)

   つくばい(蹲)の仕掛け
      置物タイプ (見るだけ)のつくばい(蹲)
      鹿おどし(ししおどし)のつくばい(蹲)
      水が流れるつくばい(蹲)
      光るつくばい(蹲)
      霧が出るつくばい(蹲)

   つくばい(蹲)の器や装置  
      水鉢
      花器
      プラスチック
      樹脂などさまざま
      ひしゃく、筧(かけひ)
      ひしゃく掛け

   電動タイプのつくばい(蹲)
     鹿おどしタイプ (ポピュラーなつくばい)   
     噴水タイプ (ガーデニング向けのつくばい) 
     滝タイプ     
     照明タイプ(光で和むつくばい) 
     霧タイプ (ちょっと神秘的つくばい)  

    つくばい(蹲)のサイズ  
     庭置タイプ ・・・・ 公共施設のものなど含め 0.5m〜10mなどなど   
     部屋タイプ ・・・・ 20〜30cmくらいのものが多い
     ミニつくばい ・・・ 電池式などでもっと小さかったりする

    つくばい(蹲)の価格   
     激安タイプ ・・・ ユニークタイプのものは、1980〜8000円くらいが多い  
     お値打ちタイプ ・・・・ モダン、ガーデニングタイプなど5000〜1.5万円くらい   
     高級品タイプ・・・ 陶器などのタイプは5000〜数十万円 

    本当にピンからキリまで、たくさんあります。
    場所や自分の好みにあった、蹲を選びましょう。


 
つくばい
   にまつわる
    キーワード

 

 
 

 


    水琴屈について   【すいきんくつ】

     日本庭園の技法の一。洞窟内に水滴を落としたとき発生する
     反響音を庭園内で楽しむもの。
     一般に手水(ちようず)鉢の下の地中に甕(かめ)などを埋め込み、
     手水後の排水に音を生ませる形をとる。洞水門(どうすいもん)。

    そうず  【添水】

     懸け樋(ひ)などで水を引いて竹筒に注ぎ入れ、
     一杯になると重みで反転して水を吐き、
     元に戻るときに石などを打って音を発するようにした仕掛け。
     もと農家で猪(いのしし)や鹿(しか)をおどすのに用いられた。
     ししおどし。添水唐臼(そうずからうす)。
     [季]秋。〔「僧都」とも書く〕

    ししおどし 【鹿威し】 鹿おどし

      (1)「添水(そうず)」に同じ。
      (2)田畑に来る鳥獣を追い払うための装置。
     添水・鳴子など。 静寂をやぶり、コーンと快い音を響かせる「鹿おどし」。
     その味わいのある音と動きは、風雅な日本庭園によくなじんで、
     見るものの心を静めてくれる。
     和風庭園の景物として親しまれてきたものだが、
     その名称からもうかがえるように、
     もともとは田畑を荒らす鳥獣を追い払う農具のひとつであった。
     支点で支えた竹筒に水を引き入れ、
     たまる水の重みで竹筒が頭を下げて水を吐き出すと、
     元に戻る力で勢いよく下の石を打つ。その音で、
     鹿や猪を寄せつけないようにするという仕掛けであった。
     つまり、鹿をおどす。威嚇するという意味が由来。
  
   鹿おどしの竹について
     ホンモノの竹と樹脂の竹などがある。
     部屋用つくばいなどは、樹脂の竹が多い。
     樹脂の竹は、重さやバランスを確保するのにベンリである。
     しかし、本物ではないので、高級感は無い。
     本物の竹の場合、バランスをとるのが難しい。
     しかし、竹本来の質感は、何物にも替えがたい。
     また、竹筒が岩に当たる音は、本物ならではである。

  【つくばい(蹲)コラム総括】
    つくばい(蹲)って言っても、形や質感、さまざまなものがある。
    でも、心の落ち着かせるための原点が、つくばい
にはある。

部屋置きつくばい  画像をクリック
  和雑貨の温泉つくばいガーデニングのつくばい噴水のつくばいミラクルリーフのガーデニング


■トップに戻る

【癒し系雑貨専門店/ウォーターグリーン! 電動つくばい、ガーデニング、和み系雑貨、苔玉