UNCHIKU   【蘊蓄 :うんちく】
 

     炭について

 

 


    無数の孔(あな)

 
   
 空気を遮断して、木に熱をかければ、木から水分やガスが抜けて、
     黒い炭素だけが残ります。これが、炭。
     熱の温度、時間、材料によって、炭の性質が変わってきます。
  
     炭の特徴

        ●多孔質  炭にはたくさんの穴があいています。
          この多孔質と呼ばれる構造が、水や空気を浄化したり、
          体を健康にする遠赤外線を放出します。
            1g当たりの表面積
             備長炭     5〜30u/g程度
              竹炭     50〜300u/g程度
             杉炭   100〜600u/g程度

         これってわかりますか。たった小さな1gの重さ(大きさにするとわずかです)
         なのに、無数の穴があいているので、畳何十枚もの面積になるわけです。
         すごいですよね。 炭の穴と穴との間は約15ミクロンになっています 


         ●酸性からアルカリ性へ
           炭は低温で焼いた時は、空気中の酸素と結合し酸性ですが、
           炭化温度が上昇したりや炭化時間が長くなるとアルカリ性へ
           性質が変わります。酸性の炭は、アンモニアなどのアルカリ性の
           ガスや油分を良く吸収し、アルカリ性の炭はNOxやCO2などの
           酸性ガスや野菜の腐敗の原因となるエチレンガスなどを良く吸収します。


         ●通電性
           木材は本来、電気を通しませんが、
           長時間高温で焼成すると  炭素の純度が高くなり、
           電気を通すようになります。
           
             炭化温度600℃の場合  半導体
                   800℃の場合  電気伝導体  
             マイナスイオンの発生や、電磁波・静電気の吸収に利用されます。、
          

    
      炭は奥が深い!

     炭の種類@

 
    「備長炭」: 

      広葉樹(カシ、ナラ、クヌギ等の堅い木材)の原料の中でも、
       もっとも堅い「うばめ樫」を原料にした白炭で、
       高級燃料として、重宝されています。

      材質がしまり、重く、燃料として火持ちが良い為、
       燃料としての炭に、適しています。

          黒炭: 600℃程度の比較的低温で焼かれた炭。
          白炭: 850℃以上の高温で焼成した白熱した木炭を、
              消粉(けしこ)といわれる湿気を含んだ灰と土をかけて
              火を消し作成されます。


        炭は備長炭。やきとりに最適!? (・。・)
  


     炭の種類A

    「竹炭 」:

        竹を原料にしています。      
        針葉樹同様、表面積が広く、材質自体が堅いことから
        水の浄化、農業用資材として、広く使われています。
        しかし、高温の炭化は、非常に難しいのが現状です。
 
   
         針葉樹は、有害物質の吸着や微生物が住みやすい
         事が分かり、有害物質の吸着効果が高い


      炭の効能!


 
     効能その1: 空気が良くなる!

             炭を部屋におけば、空気が良くなります。
             多孔質な炭が空気を浄化して、体調がよくなる
             事例があります。


     効能その2: ごはんや水がおいしくなる!

             炊飯の時に備長炭を入れるとご飯がおいしく炊けます。


     効能その3:  マイナスイオン

             炭の持つ通電性によりマイナスイオンを放出しています。
 

 
    効能その4: 癒し効果!
   
             和の視覚、炭のほのかな香りが 癒し、なごみ気分
             をもたらし、ストレスから開放されます。

 


 
    
商品説明へもどる ■コケティッシュ ■温泉        トップに戻る
【癒し系雑貨専門店/ウォーターグリーン! ミニつくばい、ガーデニング、和み系雑貨、苔玉